花火文

強く生きていこうと思う日があっても、どこかで死にたくなって消えたくなって、不安定が安定になって。そんな日常ばかりでも、生きていかないといけなくて。僕らが欲しかったのは、誰かの押し付ける前向きな言葉とかじゃなく、こんな音楽だった。